特にテーマは無く雑記かな。 最近は自分用メモが増えてきましたけど。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバックの話
2005年07月29日 (金) | 編集 |
時々、気が向いた際に更新しているこのブログですが、
気付けば、何やらコメントやトラックバックがありました。

して下さった方、ありがとうございます。
時期が今更なので、ここでお礼をするにとどめておきます。

…とはいえ、お礼をいちいちしに行くべきなのかどうか、正直よく分かっていません。
トラックバックという機能を知ったのも最近ですけど、わざわざ自動的にリンクされる機能であるのに、いちいちお礼をしに行くのは本末転倒のような気がするのです。

でも、トラックバックがこちらの記事を参照したという事を報告する為の機能であるという事から考えると、「見て頂いて有り難う御座います」という事なのかな、とか色々考えてみたり。

調べてみると、トラックバックをどう扱うかは人それぞれのようでした。
という事で、私の場合、コメントやトラックバックを受けたら心で多大な感謝をし、気が向いた時にお礼をしに行くという事で、宜しくお願いします。

色々見て回ってみますと、
どうやらトラックバックポリシーを作っている方もいらっしゃるようなので、
そこまで細かく言いませんが多少トラックバックについて書いておきました。

つまり、全く関係ない内容でもない限りは、気軽にトラックバックして頂いて構いません。
ただしスパムと疑われるような内容の場合は削除してしまうと思います。
そもそもトラックバックされた事に気付くのが遅いかもしれませんが。

こちらの記事を参照し、そしてこちらから相手側へのリンクがあるというのに、
相手側からはこちらへのリンクが無いという状況は、
読み手から見ても一方方向で不親切ですし、
こちらへのリンクが記事に書いておいて貰えれば嬉しいです。
でも、こちらの記事が見る価値も無さそうなら別にリンクして頂かなくても良いですけど。

要はご自由に。私も適度に適当に。

2005.8.3 追記:

「こちらへのリンクが記事に書いておいて貰えれば嬉しい」という記述も、半ば強制の効果を持つことを考えて、この表記自体を削除しました。
単純に記事を紹介する事が目的の、(健全な)トラックバックもあるようですし。

まぁ、度が過ぎればスパムと化してしまうので、ここら辺は各個の判断なのでしょうけど。
そしてそれが、トラックバックが持つ難しさなのでしょうけど。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。