特にテーマは無く雑記かな。 最近は自分用メモが増えてきましたけど。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふるさと納税
2007年05月22日 (火) | 編集 |
初めてこの単語を聞いてから放っておいて暫く経つ訳ですが、自民党が参院選での公約に盛り込もうと考えているらしいですね。そもそも、ふるさと納税も公約化についても頭の悪い話だとは思っていましたが、賛成する人々も結構いるというらしい事を聞きました。

そもそも何故税金を支払うのか。タダ払い?法律で義務づけられているから? そんな訳は無くて、そこに住んでいる人たちがそこでサービスを受ける対価として税金を払う訳です。しかし、ちょっと検索してみれば大真面目に、個人を納めるようになった個人を育てたのは個人のふるさとなのだから還元して然るべきだ、とありました。
そういう話を聞いて、その通りだと安易に思ってしまうのは、自分が払う税金は一体何の為に払うのか、意識もしてないのでしょう。そんな格好では自治体の税の使い方への興味は薄れ、そのような人たちばかりになれば監視の届かない自治体は税金を無駄遣いし、結局さらなる増税だったり財政悪化となるに過ぎないと思いますが。
地方分権という立場から見れば問題があるにしても、その為の地方交付金がある訳です。ふるさと納税というのを導入するということは結局、税収の多い都市部から有無を言わさず税金を吸い上げて地方に振り分ける帳尻合わせを、国主導で行うようなものですよね。

まぁそもそも、地方格差が広がっている事に対し国の負担を増やさずその格差を是正する案として、選挙の為にふるさと納税が挙げているとしか見えないですけど。確かに国にとっては都合の良いアイデアかもしれませんが。
そのくせ、自民党は税体系を根幹からひっくり返す事も覚悟の上での公約への盛り込みを検討している、とは到底見えないですからね。

※専門という訳ではないし特別調べたという訳でもないので、ふるさと納税に対する知識に多少なり誤りがあるかもしれません。大枠で外れているという事は無いと思いますけど。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。