特にテーマは無く雑記かな。 最近は自分用メモが増えてきましたけど。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Virtual PC を導入
2006年09月10日 (日) | 編集 |
ふと気付くと、FC2ブログに色々機能が付いてますね。ユーザータグ機能とかスレッドテーマとか。
ちょっと面倒そうですけど、設定すればその分だけ記事がリンクして面白いのかもしれませんね。
でも、ブックマークのアイコンはちょっと格好悪いなぁ。機能自体は良くても、デザインがダメだと評価が下がりますよね。

ところで、Virtual PC というのをご存じでしょうか。
仮想PCを設けて、その中でOSごと動かせるという代物です。

以前は高い値段の付いたソフトだったような気がしますが、ふと気付いたら無料になっていたので導入して遊んでいました。

まず、Windows98SEを入れる事にしました。
まだCDからのブートでインストール出来ない時代だった事を思い出し、ごそごそと棚の奥から「Windows 98 Second Edition セットアップFD」まで取り出してきて試してみました。
しかし、どうもFDからの起動の途中で「メモリが足りません」と出てきました。HDドライブもCDドライブも認識していません。(→うまくいきました。下の追記を参照。)
HIMEM.SYSでエラーでも起こしているのでしょうか。よく分からないですけど。
結局うまくいかず、Windows98は断念しました。

次に、VineLinuxを入れる事にしました。
CDからのブートも問題無く、適当に次へ次へと進めてセットアップをしていきました。そして長く掛かったセットアップが終わり、無事起動しました。
しかしどうもゲストOSからネットに繋がりませんでした。色々と弄っているうちに、ホストOSのファイアーウォールが原因と分かりました。
しかし、色々な項目を弄ってみても、ファイアーウォールをOFFにしない限りはネットに繋がらず、結局断念しました。

それから、Windows2000を入れる事にしました。
セットアップは滞り無く終わりました。
ゲストOSからのネットは、ネットワークアダプタをNATに設定すると繋がりました。
NATにするとホストとゲストが互いに近くのコンピュータとして認識されなくなってしまうのですが、ホストOSとゲストOSでのファイルの遣り取り自体は問題無いので、これはこれで良しとする事にしました。

…とまぁ、こんな感じに遊んでいました。

Virtual PCと同じようなソフトにVMware Playerというソフトもあり、こちらもフリーだそうです。
こちらは試していませんけど。

Microsoft Virtual PC 2004
VMware Player

2006/10/01 追記:

Windows98のセットアップFDを使用して起動すると「メモリが足りません」と表示される事があるとのこと。
Config.sys の下から5行目にある、"files=60"を削除し上書き保存した上で、再度試したらうまくいきました。

Virtual PC 2004 上に Windows 98 をインストールする方法
[Virtual PC 2004] バーチャルマシン上に Windows 98 Second Edition をセットアップ中に「メモリが足りません」と表示される
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>機能自体は良くても、デザインがダメだと評価が下がりますよね。
まさにそれがファッションの仕組みだよねん

下のグリーン、涼しげで好みなんだけど
画像と重なって文字が見づらいんだよね(--;
彩度を下げるとか、一工夫してもらうのはどうでしょう?
2006/09/21(木) 00:33:54 | URL | ピトゥ #Dpy.7uTw[ 編集]
> 画像と重なって文字が見づらいんだよね(--;
私もそう思ってたのだけど、ちょっと面倒くさいから放ってました。
そして結局、画像を編集するのも面倒なので、別のテンプレートにしちゃいました。
これならいいでしょ?
2006/09/22(金) 02:50:04 | URL | 水鳥 一葉 #jHjXY9ks[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。