特にテーマは無く雑記かな。 最近は自分用メモが増えてきましたけど。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイボーグ技術の話
2005年11月08日 (火) | 編集 |
最近は季節の変わり目のせいか、とにかく体調が悪いです。

気持ち悪くなっちゃうんですよ。
めまいとか吐き気とかを覚えてしまって。頭の血の気が引いたような感覚を覚えるんです。
そのタイミングはまちまちなのですけど、特に電車に揺られる時は大抵ダメです。時間帯がダメなのか、揺られる事がダメなのか分からないですけど。

以前にも一時期このような状態が続く時があって、この時は散々病院に行って調べて貰ったんですけど、原因不明で健康体との診断が下されるばっかりで。

…とまぁ、この記事の内容はそういう話では無いんですけど。

夜12時を過ぎて、余り体調も良くないし、とっとと寝ようと思いつつも、ついつい気になって終わりまで見てしまったんですけどね。NHKスペシャル。
お題は「サイボーグ技術が人類を変える」。

非常に興味深い内容をやっていました。神経工学という分野で研究されるサイボーグ技術のお話。
まぁその内容はおそらく他の所に書いてあるでしょうし、下に付けたリンク辺りを見ていただければと。

まず現状でも相当研究が進んでいるという事に驚きました。
神経を伝ってきた電気信号を利用するだけでなく、神経へ電気信号をフィードバックするという事についても随分と進んでいるという事でした。原理だけで言えば単純な話で乱暴な話だと思っていたのですが、それが実現しているというのはすごいですよね。
そしてそれは、神経に対してのみならず、脳自体に対して電極を挿すという所まで発展している。そして成功した実績まであるという。すごいですよね。
…まぁすごいすごいって、かなり幼稚な感想ですけどね、率直にそう思いました。

どこかで聞いた事があるSFな内容ですけど、5感を司る神経とコンピュータを繋げる事で、その人にコンピュータによる世界を「見せる」事が出来るし、コンピュータによる世界の中で「動く」事ができるという話。おそらく将来には実現する(普及するかは別ですけどね)と勝手に思っているのですけど、そんな事を考えながら番組を見ていました。
そういった方面への研究も面白そうだと思った事もあり、その時は、実現は困難で研究をしている所も大して無いのかなと思っていました。けれども実際には現段階でさえ、かなり研究が進んでいる。番組を見ていて一番衝撃を受けたのはこの事でした。
まぁ番組で言っている内容のどこまでが真実か、という話もあるにはありますが。

簡単ですが、そんな覚え書きでした。
あ、ちなみに倫理的にどうなの?っていう話もあるんでしょうけどね、私は少なくとも技術の進歩自体に倫理観が入り込む余地って無いんじゃないかなぁと思っています。(と書いて逃げておきます)
…ロボラットは確かに可哀想ですけどね。

NHK SPECIAL HOME PAGE - 立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える
SCI(サイ)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。