特にテーマは無く雑記かな。 最近は自分用メモが増えてきましたけど。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スキーに行って来ました
2005年12月26日 (月) | 編集 |
猪苗代スキー場へ、スキーをしに行ってきました。
日程は、カップルで行く訳でも無いのに、12月23日夜から25日夜までの1泊3日車中1泊。実際、帰りのバスでは少なくとも7割はカップルだったんじゃないかな。見ないふり、見ないふり…。
という訳で、ピトゥ、ふかふか、その他大学の友達の、計5人でスキーへ行ってきた訳です。
今まで春スキーにしか行った事無かったのですが、今回雪質は申し分無かったと思います。何より、転んでも濡れないのが良いですよね、春スキーではそうはいきません。
スキー場は、日程からして混んでいるかと思いましたけど、とても空いていました。ボーダーとのコースの棲み分けもされていたようで、邪魔なボーダーと遭遇する事も無く、とても快適でした。
猪苗代スキー場よりそれに景色も良かったです。特に上級者コース(赤埴大回転コース)の一番上からの景色はホントに良かったです。おかげでデジカメを持っていなかったのが悔やまれました。右の写真は携帯で撮ったものですけど、やはり余り綺麗に撮れていませんね。まぁ本当に景色を綺麗に撮ろうとなると、広角レンズが欲しかったりするんですけどね。

それにしても、途中リフトに乗る際、リフトに轢かれそうになりました。
皆でリフトに並んで乗る際に、隣の友達と足がクロスしてしまったんですけど、係員はこちらを見てすらいないんですよね。普通ならリフトを止めて然るべき状況だというのに。
私が前側に居たので、咄嗟に前へ滑ってから横に逃げましたけど、間一髪でした。ちょっとでも判断を間違えていたら、今頃は良くても入院沙汰でしたね。
まぁバイトのお兄さんなんでしょう。経営も大変なんでしょうけど、もっと教育を徹底して貰わないと、いつか誰か命落としますよ、あれでは。
そして、何とか避けて戻ってきた私に今更「大丈夫ですかぁ~」と言うので、流石にキレそうになりました。

さて、今回の練習テーマはパラレルターンという事で、足を揃えるように頑張っていたのですが、なかなかうまくいきませんね。それでも、スキーの上手い友達が一緒だったので、いつもよりは上達したと思います。とりあえず重心の移動の仕方と、そのタイミングが重要だという事は分かりました。今回はそこまで。
ターンする際は勿論外側の足に重心を掛けるのですけど、思っていたよりも自然に重心をかければ良さそう。力を抜いて片足で立つような感じにすれば良いみたい。そして、その重心を掛ける方の足は、板に対しては垂直に、あくまで力まずに。
ターンするタイミングは、良くあるストックが雪を突いた瞬間。初めは良く分からなかったのですけど、突いて曲がるんじゃなくて、突いた時が曲がり時だという合図といった感じかな。それが分からない時でも曲がれたには曲がれたのですけど、バランスは崩しやすいし、失敗もしやすいんですよね。これで無理なく曲がれるようになってきたかな。
足の間隔が開いてしまうのは、ひざとひざをくっつけるような感じにすれば良いみたい。曲がる時で意識するよりは、真っ直ぐに滑っている時にこそ、それを意識してれば曲がる時でも自然とくっついてくる感じがします。
あとは、ひざをもっとやわらかくしても良いかもしれません。それから、基本ですけど重心が後ろのめりになっちゃダメですね。
そんな感じだったかな。

また滑りに行きたいです。今度は春スキーかなぁ。お金が無いからちょっと厳しいんですけどね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。